2005年02月15日

旅の写真集を作る

デジタルカメラを使うようになってから、すべての写真はコンピュータの中にあって、必要なときにはいつでも取り出せるようになってはいるものの、一方で、写真を人に見せたり、整理したりする楽しみがなくなっているなあ、と思います。

ネパールからの帰国してすぐ、アップルから新しい iLife '05 が発売され、その中の新しいiPhotoでは、ソフトカバーの、サイズも小さめで価格も手頃なフォトブックをオンラインオーダーできるようになりました。

私は中サイズ(20cm x 15cm)のもの(1冊1,260円+送料)を初めて作ってみました。

続きを読む
posted by Kojima at 12:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマトラ沖大地震のさまざまな影響

先日、知人がプーケット周辺の津波被害の状況の調査・視察より帰ってきました。いろいろな情報をもとに、われわれに何が出来るかを検討しているのですが、その中で特に心に残った事を一つ紹介します。

津波で家族や家・財産を失った直接の被災者にはさまざまな援助の手が(十分かどうかはともかく)差し伸べられています。

一方で、直接被害に遭わなかった、たとえば内陸部に住む人たちは、津波のために観光客が激減したり、観光地が被災したために多くの人が失業しているにもかかわらず、援助を全く受けられず、ある意味で逆転現象が起きているとのこと。(もちろんこれは短期的な問題かもしれませんが)

プーケットも一部の深刻な被災地域を除けば、リゾートとして観光に行く事に全く問題はないそうです。観光客が一日も早く以前のように戻ってくる事が、多くの人々の生活を支えることになります。

「地球の歩き方 Webマガジン」では、そういった津波被災地域のリゾート地の「いま」を特集しています。
http://www.arukikata.co.jp/webmag/resortsp/

「行ってみたいな」と思っておられた方は、先入観や風評にまどわされて旅行を延期したり、旅行先を変えるのではなく、よく情報を収集して、ぜひ現地へ行かれる事をお勧めします。
posted by Kojima at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(2)

さて、「風の旅行社」で手配してもらうことになったポカラ〜ダンプスのミニトレッキングでは、我々2人に対して、ガイド1名、ポーター1名がついてくれる事になりました。

いらない荷物は大きな鞄にまとめて、鍵をかけて預けます。持ってゆく荷物のうち、歩きながら必要になるようなものは自分で持ち、そうでないものは一つにまとめてポーターさんに持ってもらいます。

荷造りをして、ホテルをチェックアウトしてロビーで待っていると、迎えの車が来ました。まず事務所に寄って、いらない荷物を預け、そのままミランチョークまで走ります。ここからいよいよミニトレッキングの出発です。

続きを読む
posted by Kojima at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[写真] Trek-O-Telの客室

Trek-O-TelポカラのTrek-O-Telの客室です。ベッドの反対側(足下側)にも同じくらいのスペースがあって、けっこう広かったです。
posted by Kojima at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

ポカラの町

喧噪のカトマンドゥからポカラにやってくると、なんだかホッとします。レイクサイドと呼ばれるエリアは、外国人旅行者の多い、町並みも店もきれいな地域です。カトマンドゥではあまり見かけなかった欧米人旅行者もたくさんいます。

あとでガイドさんに聞いた話では、欧米人旅行者はトレッキングせずに、ポカラでのんびり滞在している人も多いそうです。私ももっと時間があれば、ポカラでゆっくりしたかったなあと思います。

続きを読む
posted by Kojima at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

ポカラのホテル Trek-O-Tel

ポカラでは1泊しかしなかったので、この Trek-O-Tel ホテル http://www.nepalshotel.com/tot/ にしか泊まっていませんので、他と比べてどうかはわかりませんが、感想を少し。

Trek-O-Tel はレイクサイドにあるこぎれいなホテルです。たしか開業してまだ2年ほど。建物もおしゃれで日本人好みな感じ。部屋もきれいでした。スタッフも感じ良く、お勧めできるホテルです。

続きを読む
posted by Kojima at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

カトマンドゥの日本料理「たむら」

ホテル・キドと同じ建物の中に、日本料理屋の「たむら」があります。トレッキングからおりてきて、ダルバートも食べ飽きたなあと、足は自然とここへ。

店に入ると、そこはもう居酒屋。日本よりもテーブル間隔がゆったりしている感じ。客もみんな日本人。出張でキドに泊まっているであろう人々が食事をしている。

さすがに新鮮な海産物は手に入りにくいようだが、食べた料理はみんなおいしく、なおかつ日本で食べるよりも安い。もし日本からの出張者相手の商売なら、もっと高くても客は来るだろうが、「カトマンドゥにいる日本人のために精一杯価格を抑えています」との思いやりがすばらしい。

遊びならともかく仕事でネパールに来ている人にとって、ホテル・キドと「たむら」はきっと、砂漠の中のオアシスのような存在でしょうね。

お腹もいっぱいに、気持ちもあったかくなった夕食でした。
posted by Kojima at 18:15| Comment(2) | TrackBack(3) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(1)

私はポカラで3日間の時間がありました。カトマンドゥからポカラに空路で移動後、人に会う約束を済ませ、その翌日からカトマンドゥへ戻るまでの2泊3日をダンプスあたりへのミニトレッキングに行くことにしました。

ポカラについて1日目に東京中野に本社のある旅行代理店「風の旅行社」 http://www.kaze-travel.co.jp/ ポカラ支店に行き、行程や料金等を相談して、その場で翌日から2泊3日のミニトレッキングを契約しました。(ちなみに日本語で充分通じます)

行程は、1日目の朝、ポカラのホテルに車で迎えに来てもらい、一旦「風の旅行社」ポカラ支店に寄って、トレッキングに必要のない荷物を預けます。そしてポカラ北部のまちミランチョークまで車で移動。そこからアスタムまで登り、「風の旅行社」直営リゾート「はなのいえ」で休憩&昼食。その後、ダンプスまで歩き、同じく直営ロッジ「つきのいえ」に2泊し、ポカラへ帰ってくるという内容です。続きを読む
posted by Kojima at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

ポカラの1月の気候

ネパールも電話は国内・国際とも使えるようになったそうです。インターネットもつながっているとのこと。ただし携帯電話は当分使えないであろうとのこと。カトマンドゥは平穏な様子ですが、反政府勢力との武力衝突の可能性は高まっているように思いますので、渡航には十分注意してください。

さて、ポカラはカトマンドゥに比べると高度も低く、確かに暖かく感じます。やはり夜は冷えますので、コートなどの上着は必要です。

レイクサイドあたりには外国人観光客向けのきれいなオープンテラスのレストランがいくつもあります。日中は陽があたってぽかぽかして気持ちがいいです。夜は寒いですので、ストーブの近くの席を確保するか、防寒下着等でしっかり対策していってください。

続きを読む
posted by Kojima at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

カトマンドゥの1月の気候

2/1の政変から、電話も通じず、ネパール国内の様子も断片的にしか伝わってこない状態が続いています。こういう状態で、ネパール渡航を勧めるような記事を書くことにためらいを感じています。しかし近い将来、ネパールがまた訪れるのにふさわしい状態になることを祈りつつ、私が現地で体験したこと、感じたことを書き続けてゆきたいと思います。

1月のカトマンドゥは、その高度のせいもあり、寒いです。私の住む首都圏と同じくらいでしょうか。昼間は日向にいれば暖かいくらいですが、日が暮れるとセーター+上着が必要なくらい冷えてきます。

続きを読む
posted by Kojima at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。