2005年03月01日

靴が滑りやすいときの裏技

ミニトレッキングの持ち物」でも書いたように、靴選びというのはなかなか難しいものです。

私は岩場歩きに向いているといわれる、靴底の固いトレッキングシューズを履いていったのですが、これが雨で濡れた石の階段ではつるつるとよく滑るのですよ。特にダンプスからフェディの急な下り坂では怖くて怖くて・・・

そこで思い出したのが、「地球の歩き方:ネパール」に書いてあった方法。それは「靴の上から靴下をはく」というもの。(「歩き方」には、急な雪にあったときには・・と書いてありましたが)

大きなトレッキングシューズの上から靴下をはくのはちょっと苦労しましたが、つま先部分だけでも効果は充分。とても良い滑り止めになりました。ガイドもポーターも、フェディの茶店の人にも笑われましたが、背に腹は代えられません。

「靴下が小さくて靴の上からはけません」という人は、つま先部分に縛りつけるだけでも良いと思います。もちろん、靴下でなくてもかまいません。

もし靴が滑ってお困りのときはぜひお試しください。
posted by Kojima at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。