2005年02月27日

ネパールは土曜日が休み?!

ネパールのカレンダーは、hataのホームページによると、
 多民族国家ネパールでは、民族によって異なる暦があるが、公式の暦としてヴィクラム(Vikram)暦が使われている。カトマンズやポカラなどの都会では西洋暦も併用されるので、援助関係者や外国人旅行者はお祭りの時以外、ほとんどこのヴィクラム暦の存在を意識しなくても、不都合はない。しかし都会でも外国との接触が低い政府部門や田舎では、すべての公式行事はヴィクラム暦に沿って進められる。

曜日はちゃんと日曜から土曜まであります。ところがガイドから聞いてびっくりしたのは、ネパールでは土曜日が公休日だということ。学校や役所等は土曜日が休みで日曜日は開いているのだそうです。

私がダンプスに上がったのがちょうど金曜の午後でした。学校は金曜の午後から休みになるようで、下校途中の子供たちにたくさん会いました。ダンプスに着いてみると、確かに近くの学校は閑散としていて、翌土曜日も数人の子供が校庭で遊んでいるだけ。「学校に行けば子供たちと仲良くなれるかな?」と思っていた私には、ちょっと残念でした。


posted by Kojima at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。