2005年02月25日

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(4)

ここ「つきのいえ」の自慢はなんといっても五右衛門風呂でしょう。

ロッジでは、給湯には太陽熱温水器を用いるところが多いようです。晴天のときは良いのですが、曇りや雨の日にはお湯が使えません。

また日本人としては、長く歩いたあとにシャワーだけ、というよりも、ゆっくり湯船につかることができたら、どんなにかありがたいことでしょう。

「つきのいえ」では夕方頃から薪を焚いて、五右衛門風呂をわかしてくれます。一眠りして暗くなってくると、「お風呂がわきました」と声をかけてもらいました。

日が陰り、外はかなり冷え込んできました。寒さに震えながら風呂場へ行くと、脱衣所も凍える寒さ。歯をガチガチ言わせながら裸になり、「しんぼうたまらん!」と思って風呂の湯加減を見ると、「アチ〜!」

どうやら45℃くらいありそうです。これではとても入れません。しかし寒い。やむなく水でうめるのですがなかなか温度が下がりません。寒くて我慢できず、思い切って湯船に足を突っ込みますがやっぱり「アチ〜!」

何度これを繰り返したでしょうか。あとになって、風呂場の床に湯をまいて、風呂場の温度を上げれば良かったんだと気づきましたが、後の祭り。

なんとか我慢できる温度まで下げて、まるで「ゆで蛸」の気分を味わいながら五右衛門風呂につかりました。しかし、どうやらまだ釜の下に火が残っているみたいで、入っているそばから下から熱い湯がわき上がってきます。

翌日「風呂の温度は42℃にしてね!」とお願いしたのはいうまでもありません。

今となっては楽しい思い出です。

関連記事
ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(1)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(2)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(3)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(5)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(6)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(7)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(8)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(9)



posted by Kojima at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。