2005年02月22日

ネパールの国内線の手配

2/1の政変以前から、マオイスト主導のバンダ(ゼネスト)のため、カトマンドゥから地方への移動で長距離バスの利用にはスケジュール上リスクが大きくなっていました。

したがって、限られた日程でネパール国内を移動するには、飛行機を使うことになります。

日本からのパッケージツアーなら問題ないのですが、個人旅行でネパール国内線を手配しようとすると、日本でチケットを購入するのはなかなか大変です。

関西国際空港から直行便のあるロイヤル・ネパール航空なら、日本で手配することも可能ですが、どうもこの航空会社、持っている機体が少ないらしく、よく欠航になってしまうようです。

そこで、カトマンドゥにある旅行代理店に国内線予約及び発券をお願いし、カトマンドゥ到着時に支払い・受け取りをするという方法があります。

私が利用したのは、ヒマラヤン・アクティビティーズという旅行代理店です。メールでのやり取りは日本人スタッフが丁寧に対応してくれました。料金はいずれにせよ正規料金なので、どの旅行代理店に頼んでも同じだと思います。

情勢不安なときは旅行のキャンセルや、行程の変更もあるかと思いますが、このチケットは正規料金なので、直前のキャンセルや予約の変更も可能です。

トリブヴァン空港に着くと、この旅行代理店の人が迎えにきてくれていて、タメルにある事務所まで車で連れて行ってくれます。ここで支払いとチケットの受け取りとなります。(着いたその日に乗り継ぎたい場合は、空港で手続きもしてもらえるようです)

日本人スタッフは事務所には常駐していないようで、ダイレクトには英語しか通じませんが、必要に応じて電話で日本人スタッフがサポートしてくれます。私はネパール滞在中、困ったときに何度か電話で相談に乗ってもらい、たいへんお世話になりました。
posted by Kojima at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。