2005年02月22日

新潟へ行ってきました

2月16〜19日、新潟県十日町市へ行ってきました。その週末、十日町市では毎年恒例の雪まつりが行なわれ、私はその雪像づくりに参加してきました。

「雪まつり」と聞くと札幌が有名ですが、ここ十日町の雪まつりは全国で最も歴史ある雪まつりだそうです。

今年は地震の被害のため、イベント予算を災害復旧に振り向けたり、地震で亡くなられた方に配慮して「雪上カーニバル」は中止となりましたが、雪像づくりは実施されることになりました。しかし、例年よりもその数は少なくなりました。
「豪雪地の住民が、雪を敵とせず友としよう」という逆転の発想から、日本で最初に始めた雪まつりが、今回56回目を迎える「十日町雪まつり」です。
 厳しい自然環境にあっても、いつか来る春を夢見て、共に立ち上がろうとする雪国の祭典は、震災に打ちひしがれる人々の心に「希望を与え、郷土を愛する力」になることを信じています。市民手作りの雪まつりが、被災者の心を癒し、復興への力強い励ましとなるように、第56回十日町雪まつりを開催いたします。
(第56回十日町雪まつりホームページより)
この冬は例年にない豪雪とのことで、雪下ろし作業等も大変だそうです。地元の方は「この冬は地震に豪雪で、ほんとに大変だわ〜」とため息まじりにおっしゃっていました。

ちょうどこの週は暖かく、雨も降ったりしましたので、積もった雪が崩れそうになり、あちらこちらで雪崩被害を未然に防ぐため、崩れそうな雪を重機でかき落とす「雪庇除去作業」が行なわれていました。

さすがに地元の皆さんの雪像はとても素晴らしく、我々素人の腕ではとても勝負になりませんが、4メートルもの積雪の中、とても楽しく雪像づくりをさせていただきました。また、たった3泊ではありましたが、豪雪の厳しい生活を垣間見ることができ、貴重な体験をさせていただきました。

来年の十日町雪まつりには、ぜひみなさんお出かけください。


posted by Kojima at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新潟は雪で大変でしょう?新潟にもチャンスがあればいってみたいと思います。
Posted by ハイブリッドフリーター at 2005年02月22日 14:21
ハイブリッドフリーターさん、コメントどうもありがとうございます。ぜひ新潟へ!

義援金や救援募金ももちろん重要ですが、日常生活を取り戻すためには、観光やビジネスで訪れる人が元通り増えてくれることが不可欠です。

スキー場でも「また地震があったら雪崩に巻き込まれるかも」といった風評のため、人が少ないとか。
Posted by kojima at 2005年02月22日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。