2005年02月22日

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(3)

アスタムの「はなのいえ」で昼食をいただいた後、いよいよダンプスへ向けて出発です。アスタム〜ダンプスは尾根伝いの比較的景色の良い道です。またいくつかの村を通りますので、山での生活を垣間見ることのできる楽しい道です。多少の上り下りがありますが、急勾配はほとんどなく、気持ちよく汗をかきながら歩けます。

この区間では、いわゆる売店等は見当たりませんでしたので、飲み物などは少し用意しておいた方が良いと思います。我々は、ガイドさんが出発前に買っていたオレンジをわけてくれて、見晴らしの良い尾根でいただきました。

途中で我々と全く逆のルート(フェディ〜ダンプス泊〜アスタム泊〜ミランチョーク)で来た日本人トレッカーとすれ違いました。日本から「旅の旅行社」のパッケージツアーで来たそうです。フェディからダンプスへの上りは急な石の階段がずっとつづいていて、とてもきつかったとのこと。我々も当初はそのコースだったのですが、アスタムの「はなのいえ」に泊まるとかなり高くつくのと、3日目にポカラでバンダ(ゼネスト)が予定されていて、しかも我々はその日にポカラからカトマンドゥへ戻らなければならなかったので、3日目に歩く距離を短くするために逆コースとなったのでした。

2時間ちょっと歩いて、そろそろくたびれてきたなあ、と思うと、店や電話屋のあるところに出ました。これがダンプスでした。ここから先、いくつかのロッジが並んでいて、そのやや奥まったところに「つきのいえ」がありました。

「つきのいえ」からは正面にマチャプチャレが望める、とても良いロケーションなのですが、到着した頃には曇ってきて、山が見えなくなってしまいました。

この日、「つきのいえ」の客は私たちだけでした。(他のロッジも、ほとんど客がいないように見えました。)本来は二人部屋なのですが、一人ずつ部屋を割り当ててもらって休憩。タトパニ(お湯)をいただいて、のどを潤します。部屋にはベッドが二つあり、その上には日本の布団がしいてありました。冬場なので、あたたかい布団はとてもありがたかったです。もちろん部屋には暖房はありません。電灯とコンセントはありました。

くたびれたので、ちょっと横になると、1時間ほど眠ってしまいました。

関連記事
ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(1)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(2)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(4)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(5)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(6)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(7)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(8)

ポカラ〜ダンプス ミニトレッキング(9)

posted by Kojima at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。